キッズ英語の勉強法

ディズニープラスでこどもの英語レッスン!7つのおすすめ動画でグローバル教育をする方法

Disney+ (ディズニープラス)ってこどもの英語学習につかえるの?

Disney+ (ディズニープラス)は、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズの名作・話題作が見放題の動画配信サービスです。

おなじみミッキーマウスや、トイ・ストーリー、スティッチなどディズニーシリーズとともに、旬の映画やドラマが充実しています。

この記事ではDisney+ (ディズニープラス)で、こどもの英語学習に役立てるため知っておいたほうがいい特徴やメリット・デメリット、学習におすすめの方法と、おすすめのこども向け映画を紹介します。

Disney+ (ディズニープラス)ってどんなサービス?
どうやってこどもの英語レッスンにつかうの?

などなど迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

Disney+ (ディズニープラス)の特徴

Disney+ (ディズニープラス)の使用料や機能などをわかりやすくまとめてみました。

無料お試し期間 31日間
月額料金(税込) 770円
見放題コンテンツ数 6000本以上
英語字幕 あり
再生速度の調整 なし
画質 フルHD
同時視聴ができる端末数 4台まで
ダウンロードできる端末(デバイス) 最大5台
支払い方法 クレジットカード
ドコモ払い

≫他の動画配信サービス(VOD)との比較や違いはこちらの記事が参考になります。
海外キッズ番組でこども英語レッスン!動画配信サービス5社徹底比較

Disney+ (ディズニープラス)の5つのメリット

Disney+ (ディズニープラス)には5つの大きなメリットがあります。

Disney+ (ディズニープラス)の5つのメリット
  1. 月額料金が安い(770円)で見放題
  2. キッズ・ファミリーむけ英語音声作品が多い
  3. 字幕・音声を自由に切り替えられる
  4. どこでも視聴できる(最大4つのデバイスから同時視聴OK)
  5. ディズニー・ピクサー・マーベル・スター・ウォーズの名作・最新作品が見れる

それぞれについて、詳しく紹介します。

Disney+ (ディズニープラス)31日間無料おためしはこちら

1)月額料金が安い(770円)で見放題

Disney+ (ディズニープラス)は、月額770円と他の動画配信サービスのなかで月額料金の安さがつよみです。

しかも、追加の有料コンテンツなしですべて見放題なので有料コンテンツに対するストレスがありません。

2)キッズ・ファミリーむけ英語音声作品が多い

ディズニーのつよみ!キッズやファミリーが安心してお茶の間で見れる作品が揃っています。

ミッキーマウスやドナルドダックのアニメシリーズを筆頭に、ディスニーやピクサーのオリジナル作品も見応えがあり、英語のレッスンに向く作品に安心感があります。

3)字幕・音声を自由に切り替えられる

Disney+ (ディズニープラス)は中学生からの英語の勉強に役立つ、英語の字幕と音声の切り替え機能がついています。(厳密には作品によります)。

Disney+の字幕・音声切り替えでできること

  • 字幕の選択:英語字幕・日本語字幕・字幕なし
  • 音声の選択:英語:日本語

また、字幕と音声が視聴中に自由に切り替えできるのもありがたい!

4)どこでも視聴できる!どこでも英語学習可能

Disney+ (ディズニープラス)にはダウンロード機能(オフラインで再生できる)があるので、ネット環境の場所で端末(スマホやPCなど)に動画をダウンロードすれば、オフラインで視聴できます。

さらに1つのアカウントで4台までの端末で使えるため、PC・スマートTV・スマホ・ゲーム機などさまざまな場面で視聴できます。

4)ディズニー・ピクサー・マーベル・スター・ウォーズの名作・最新作品が見れる

Disney+ (ディズニープラス)は、ディズニーの5大ブランド(ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィック)の映画や海外ドラマ、アニメやキッズ向けTV番組が見れます。

こどものための英語番組はもちろん、ディズニー作品が好きな大人、ドキュメンタリーも非常に魅力的です。

Disney+ (ディズニープラス)のデメリット

英語学習者にとってのDisney+ (ディズニープラス)は3つのデメリットがあります。

作品数は、他の動画配信サービス(VOD)に比べると圧倒的に少ないため、他のサービスに慣れている人は不満に感じるかもしれません。

また、Disney+のアカウント以外にもドコモのアカウントも作らなければならないのが地味に面倒です。

Disney+ (ディズニープラス)を子どもの英語学習につかう方法

Disney+ (ディズニープラス)でのこどもの英語レッスンのために、下記のようなつかいかたが役立ちます。

1)親子で勉強する

Disney+ (ディズニープラス)の作品ラインナップは、幼児からティーンエイジャー向けのコンテンツが多いです。

作品の質の高さと、アメリカ標準英語で聞き取りやすい作品が多いのも特徴で、こどもに見せる動画として安心できるとともに、自分も英語の勉強をしたい人におすすめ。

2)英語字幕・日本語字幕・英語音声・日本語音声で勉強する

Disney+ (ディズニープラス)は英語の字幕が付けられます(厳密には作品による)

さらに英語・日本語の字幕のON/OFFとともに、英語・日本語の音声まで自由に組み合わせて視聴できます。

■字幕と音声の選択方法

1)Disney+の動画の画面右下の[吹き出しマーク]をクリック

2)言語を字幕・音声ともに自由に切り替えることができます

英語字幕」だけでなく、「日本語字幕」、「字幕なし」まで選べるのて、次のような使い方ができます。

  • 字幕なし・英語音声にして、リスニングに集中する(幼児はコレ
  • 英語字幕をつけて、聞き逃した単語やフレーズのチェックをする
  • 英語の音声、日本語字幕にして、英語から日本語翻訳の勉強をする
あとり
あとり
これは中学生以上のこどもや大人が真剣に英語の学習をするときに、非常に役立つ機能です。

3)Chrome拡張機能をつかって速度調整する

Disney+ではスピードコントロールができませんが、Chromeの拡張機能をダウンロードすれば、Disney+でスピードコントロールできるようになります。(※Chromeでビデオをみる際につかえる技です)

■Chromeウェブストアの「Video Speed Controller」ページへアクセスし、拡張機能をCromeにダウンロードする。(無料)

あとは、動画を再生すると画面左上に[半透明のコントローラー]が現れるので、(+)(-)をクリックする。

0.7~9倍までの大幅なスピード調整ができます。

もしコントロールバーの表示や使い方がよくわからなければ、[速度を早めたいときは(D)]を、[速度を遅くしたいときは(S)]のショートカットをつかうことで、簡単にスピード調整できます。

あとり
あとり
幼児の英語レッスンでは特に必要ありませんが、大人や中学生以上の英語学習者には役立つので紹介します。

4)台本をつかって勉強する(中学生~)

ディズニーの有名な作品や古めの作品は、ネット上で無料の台本(セリフ集)が手に入ります。

[Disney script]と検索するといろいろ出てきます。

あとり
あとり
台本で勉強するのは、中学生以上の英語学習者におすすめ

Disney+│7つのおすすめキッズ・ファミリー向け動画(シリーズ)

こどもの英語教育のための動画選びは、こどもが「おもしろい!」と食いついてくれる作品であることが絶対条件です。

Disney+でおすすめのキッズアニメシリーズや映画、ファミリー向け作品を7作品紹介します!(※作品は期間によってかわるものもあります

ミッキーマウス・クラブハウス

『ミッキーマウス・クラブ・ハウス』は、ミッキーマウスと仲間たちが登場する幼児向けの教育番組です。

番組のなかでは、プチストーリーと数をかぞえたり、形や色、サイズを覚えることができます。なによりミッキーと一緒に問題を解決するのが楽しい!

おまじない「ムスカ ミスカ ミッキーマウス!」
こまったときは「マウスケツール」で一緒にかんがえましょう。

あとり
あとり
おすすめ2歳~。1話30分。字幕はなく、英語か日本語の音声が選べます。英語でトライ!

フォーキーのコレって何?

『フォーキーのコレって何?』は、ピクサーの1話完結の短編ストーリー。Disneyプラスのオリジナルシリーズです。

友だちって何?
愛って何?
時間って何?

『トイ・ストーリー4』で人気になった新キャラクター、先割れスプーンのフォーキーといっしょにコレって何?と考えてみましょう。

いろんなことに疑問をもち考えるきっかけになります。登場するおもちゃ達がかわいい!

あとり
あとり
おすすめ4歳~。1話4分前後の短編。音声は英語か日本語・オフ、字幕も日本語・英語が自由に選べます。

リトル・アインシュタイン(Little Einsteins)


『リトル・アインシュタイン』も短編の教育コンテンツシリーズです。

アニー、レオ、ジューン、クインシー4人のこどもヒーローたちがロケットに乗って、与えられた「その日の任務」に挑戦するストーリー。

宇宙や科学、ゴッホなど画家について調べたり、エッフェル塔や万里の長城を探検したり、冒険のなかで視聴している子どもたちへの問いかけもあり、一緒にゴールを目指す楽しさがあります。

あとり
あとり
おすすめ4歳~。1話30分。字幕はなく、英語か日本語の音声が選べます。英語でトライ!

ドックはおもちゃドクター(Doc McStuffins)

「ドックはおもちゃドクター」はおもちゃの病院を開く6歳の女の子、ドックのアニメーションシリーズ。アメリカで大人気です!

不思議な力をもつドックと助手のぬいぐるみ達は、今日もおもちゃの治療に大忙し!こどもは擬似ドクター体験ができるという知育番組です。

あとり
あとり
1話30分。字幕はなく、英語か日本語の音声が選べます。英語でトライ!

おしゃれにナンシー・クランシー(Fancy Nancy)

『おしゃれにナンシー・クランシー』は、アメリカの大人気絵本『Fancy Nancy』をアニメ化したシリーズです。

おしゃれでファンシー(かわいい)が大好きな6歳の女の子ナンシー。

ナンシーがなんでもないことから「ファンシー」をみつけて素敵なことを思いつくのが、めちゃくちゃポジティブなんです。女の子におすすめ。

あとり
あとり
おすすめ5歳~。1話30分。字幕はなく、英語か日本語の音声が選べます。英語でトライ!

ウソみたいなホントの話(Weird but True!)

『ウソみたいなほんとの話』は、科学をテーマにとことん探求するこども向けのたのしい教育番組です。

恐竜や宇宙飛行士の生活、海の魚たちにクッキング、さまざまな実験、科学すきのチャーリーと一緒に不思議の世界をたのしく探求しましょう。

小学生にみてほしい!夏休みの自由研究のアイデアもいっぱいです!

あとり
あとり
おすすめ小学生~。1話30分。音声は英語か日本語・オフ、字幕も日本語・英語が自由に選べます。

未来の大統領の日記(Diary of a Future President)

『未来の大統領の日記』は、アメリカ大統領となったエレーナ・カニェロ・リードの子供のころからの日記をテーマにしたシリーズドラマ。英語の勉強のおすすめです。

マイアミで暮らすエリーナはシングルマザーの母親と兄と暮らす普通の中学生の女の子。毎日のように事件がおきますが、そのなかからいろんなことを学んでいきます。

日記をとおしてエリーナの成長と夢を叶える方法が見えてきます。小学生~中学生のお子さんと一緒に見てほしい作品。

あとり
あとり
おすすめ10歳~。1話30分。音声は英語か日本語・オフ、字幕も日本語・英語が自由に選べます。

Disney+ (ディズニープラス)の申し込みに必要なもの

Disney+ (ディズニープラス)をはじめて使う場合、31日間の無料トライアルからはじめますが、2つの注意点があります。

1つめの注意点は、無料トライアルでもドコモDアカウントとディズニーアカウントの2つのアカウントをつくる必要があるということ。

ディズニープラス公式サイトから無料トライアル申し込みの流れ

  1. dアカウントの登録
  2. ディズニーアカウントの登録
  3. アプリを端末にダウンロードし、ディズニーアカウントでサインイン

2つめの注意点は、月額利用料が「契約日に関係なく毎月1日から末日まで」の1ヶ月分の料金となる点です。(日割り計算なし)

1日ぴったりに契約すればまるまる1ヶ月ですが、月中ば~月末に入会すると損ですね。なるべく月初に無料お試しを始めることをおすすめします。

Disney+ (ディズニープラス)2週間無料おためしはこちら

まとめ

以上、「Disney+ (ディズニープラス)で英語学習│効果的な勉強方法は?おすすめ動画も紹介」の記事を紹介しました。

しかし他のVPNと比べると大人向けの作品は少ないため、一緒にみている大人がコンテンツに飽きる可能性はあります。

Disney+ (ディズニープラス)は、ディズニーが好きな人や、子供と一緒に勉強をしたい親御さんにおすすめの動画配信サービスです。

≫他の動画配信サービス(VOD)との比較や違いはこちらの記事を参考にしてください。

海外アニメ・キッズ番組でこども英語レッスン!おすすめ動画配信サービス5社徹底比較
海外アニメ・キッズ番組でこども英語レッスン!おすすめ動画配信サービス5社徹底比較自宅でこどもの英語教育をはじめたい!そんな人には海外の幼児用アニメや教育番組がみれる動画配信サービス(VOD))がおすすめです。こどもの英語学習におすすめの5つの大手VODをわかりやすく比較。メリットやデメリット、どれが海外こども向け動画が多いのか紹介します。...

お子さんが夢中になれる海外アニメや映画に出会えることを願っています!

この記事がお役にたてば嬉しいです。アトリ

ABOUT ME
アトリ
『英語は海外に住んでいるだけでは上達しない』を身にしみて感じるイギリス在住11年目。こどもの英語学習研究の達人。「人生は短し」をモットーに、イギリスでの子育てを楽しんでいます。